明治期酒田の出版文化

〜3/28まで 酒田市光丘文庫

酒田の出版物の歴史は江戸時代から始まり、明治期に新聞が発行されると活字印刷が定着。文芸雑誌『花月叢誌』や『荘内文学』、総合雑誌『木鐸』などが話題を呼び、出版文化が開花しました。現在、その出版草創期の資料を展示中。また、「光丘文庫デジタルアーカイブ」が開始し、貴重な歴史資料800点もインターネットで無料公開しています。ぜひ「ADEAC 酒田」で検索を。

【開】9:30~16:45
【休】土日祝日
【¥】入館無料
【問】光丘文庫(中町庁舎5階)
tel.0234-22-0551

 
 
 
 

 
 
 



Cradleの設置場所リスト




Cradle[クレードル]出羽庄内地域デザイン

このサイト・情報誌面における全てのコンテンツ(テキスト・画像・動画 等)は
他サイトなどへの無断使用(加工含む)・転載、および全ての媒体への二次使用を禁じます。
【Cradle事務局】 株式会社 出羽庄内地域デザイン
TEL.0800-800-0806  FAX.0235-64-0918 Eメールでのお問い合せは こちら

〒997-0028 山形県鶴岡市山王町8-15